2019

クラレンドル・ルージュ・メドック

オー・ブリオンから着想を得たクラレンドル・ルージュ・メドックは、繊細でエレガントな赤ワインです。偉大なメドックのワインがそうであるように、若いうちはかなりタンニンが強いですが、熟成するにつれてバランスが整っていきます。オー・ブリオンの流れをくむクラレンドル・メドックは、メルローとカベルネ・ソーヴィニヨンという、ボルドーの伝統的な2種類のブドウ品種が絶妙にブレンドされています。このワインには、テロワールの複雑さと個性のすべてが詰まっています。

テイスティングノート

ふくよかな赤い果実のアロマを持つ、美しく輝きのある濃い赤ワインです。

香りはチェリー、ブラックカラント、プルーンのアロマで始まり、動物的なノートとスミレのニュアンス、そしてスパイスとメントールのアロマが続きます。

フィニッシュは、ビロードのようなタンニンと、絶妙なバランスとコクのある長く美しい余韻で締めくくられます。

ワインは力強くて深みがあり、ミネラル感がみごとな酸をもたらすとともに、力強さとの調和を保っています。

天候

どのヴィンテージにも独自の驚きがありますが、ボルドー地方の2019年は大いなる変化に満ちた年として記憶されることでしょう。

6月の下旬頃から7月初旬にかけての熱波は、ワイン生産者に明るい見通しをもたらしました。

天候が急激に変化し、結果的にこの年の7月は過去10年で最も暑い月となりました。

7月の終わり頃に何度も大雨が降ったおかげで、ヴェレゾン(ブドウの色づき)へと進みました。

色づきがムラなく進んだのは8月中のワイン生産者たちの努力の賜物です。

ここ数年来ボルドーでは、夏の終盤の天候がきわめて健全なブドウを生み、その結果すばらしいヴィンテージが生まれてきました。

2019年もこの傾向が見られ、偉大なヴィンテージとして名高い2009年と並んで、最高品質ヴィンテージの仲間入りをすることでしょう。

メルローの区画は、収穫直前まで乾燥した晴天に恵まれ、フルボディかつ風味豊かで力強い味わいのワインとなり、カベルネ·ソーヴィニョンがフレッシュさとバランスを添えています。

製品の詳細

  • 美味しいお召し上がり方

    テーブルに出す時の適温 : 18から20

    クラレンドル·ルージュ·メドックはテーブルに出す1時間前に開栓してデキャンターに移しておくとよいでしょう。

  • ブドウ品種とブレンド比率

    62 % メルロー

    33 % カベルネ・ソーヴィニョン

    5 % プティ・ヴェルド

  • アルコール度数

    13.5°

お好みのヴィンテー
ジをお選びください